最短1か月で平均100万円の保険金がおりる可能性があります!

火災保険加入者の方へ。
平均100万円の保険金がおりる可能性があります!

保険の事を全く知らなかった私でも45万円がおりました!

上の写真は私の家で壁の亀裂が見つかり、保険会社に申請した結果地震保険の半壊が適用されて実際に保険金がおりた今から2年前のものです。それまでは保険の事には全く興味がなかった私ですが、火災保険申請サポートというサービスを使ったら、何もしないで1か月くらいで、本当に保険金がおりたのでビックリしています。

なぜ、火事でもないのに火災保険金がおりるのか?

でも、火事や台風などの甚大な被害に遭ったわけではないのに火災保険金がおりるのか?疑問に思う方もいますよね。その理由は今の火災保険は火事だけを補償しているだけでなく、台風や洪水、ひょうや豪雪の被害も補償しているものがほとんどだからです。

私の場合は地震保険が適応されましたが、火災保険も適応されれば100万円を超える金額がおりた可能性があります。事実として火災保険加入者の約80%の方に平均100万円の保険金がおりているデータがあります。また、このブログからお申込みいただいた方には合計で3千万円以上の保険金がおりています。

関係ないと思っていたけど、保険金がおりた!

・些細な被害だったので、保険金がおりないと思っていた。
ところが・・・・50万円もの保険金がおりました。

・既に自費で被害個所をリフォームしてしまった。
しかし・・・・補修前の写真と見積もり書があったので保険金がおりたのでリフォーム代がタダになった。

迷っているあなたへ

家の無料調査にご依頼いただいた10人中6人が「始めは信じられなかったけど、保険金がおりたらラッキー。おりなくてもダメもと」で申し込まれています。

多くの方が迷っているあなたと同じような気持ちだったのです。

あなたに損は一切ありません。

無料調査をして保険金がおりたら、手数料をその保険金の中から後払いするので、最初にお金はいりません。

また、調査をして被害箇所がなかったとしても費用は一切かかりません。

保険会社に知られずに、無料調査はできますし保険会社のブラックリストにのる心配もありません。

火災保険は使っても次回から保険料が上がる事はありませんし保険金の使い道は何に使ってもかまいません。

火災保険無料調査に必要なものとその流れ

無料調査に申し込む条件は、①その建物が築5年以上である事。②家屋、アパート、マンション、ビル、工場、病院…など、どんな建物でも構いません。貴方がその「建築物」の所有者である事。③風水害特約が付いている火災保険に加入してから3年以上経過している事(共済も可)。火災保険の証書が手元にある事。この条件を満たしている方はお申し込みいただけます。

詳細はこちら >> 火災保険申請サポートの無料診断はコチラから5分でお申込みいただけます。

無料調査用の紙の依頼書を無料で即日郵送いたします

なお、この記事に関するご質問や火災保険に関する疑問がございましたら、下の質問フォームからお気軽にお尋ねください。また、紙の依頼書をご希望の方は無料で郵送していますので、下のメールフォームに「紙の依頼書郵送希望」とお名前とご住所を明記してお送りくださればすぐに配送いたします。

家にプリンタがある方はこちら

下の青い英文字をクリックすると申し込み用紙が開きますので、ご自分のプリンタで印刷して、必要事項を記入して火災保険証券のコピーと一緒にファックスか郵送してお申込み下さい。個人用はこちら↓
法人用はこちらになります↓

石井のプロフィール

広告デザイナーだったが、自ら体験した火災保険の活用法を日本中の人に広めたいと考え、2年前から火災保険申請専門のブログを立ち上げる。現在は火災保険申請の専門家・経営支援コンサルタントとして活動していて、ブログからの保険金支払いは4000万円以上の実績を上げている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください