火災保険を使った特殊詐欺を見破る3つのポイント

先日テレビで特殊詐欺の特集をやっていました。私は特殊詐欺でお年寄りが被害に遭うのがゆるせないと以前から思っていたので、興味深く見てしまいました。

その中でコメンテーターの一人が

「特に今年は台風や地震などの自然災害が多かったので保険で家の修理が出来ますという詐欺が横行しています」と自慢げに語っていたのでした。

「確かにそのような詐欺がある事は事実だけど、私が体験したように無料で調査してもらえるサービスもあるのだから火災保険を申請するのは全て怪しいと見ている視聴者は勘違いをするんじゃないのかな」と正直憤慨しました。

そこで今回は火災保険を使った特殊詐欺とは?どんなものがあるのかを詳しく説明いたします。

まず、詐欺グループや悪徳業者が最初に言っている事は「自然災害は火災保険がおりるので無料家や屋根の修理が出来ます。ですから無料で点検をさせて下さい」という事。このフレーズは確かに私がこのブログで紹介している「火災保険申請サポート」と同じことを言っています。

保険金は必ずおりるとは限らない

実際問題として「保険金がおりるかおりないか」はあなたの家や屋根を調査して、その報告書というものを保険会社に出してみて、その保険会社が承認した場合だけにおりるものなんです。ですから、必ず保険金がおりますというのは詐欺と疑ってもいいかと思います。

私の紹介しているサービスでも調査したけれども何にも被害個所がなかった。経年劣化で保険会社が承認しなかったというケースはあります。

しかし、詐欺の場合はこの後が違います。

それなのに詐欺グループや悪徳業者は、「必ず保険で直せます」と言ってリフォームの契約を先に結ばせようとします。つまり彼らの目的は、リフォームをしてもらう事なので、保険がおりなかった場合でもリフォームの契約は有効となり、あなたにその請求が回ってきます。または途中で解約しようとすると違約金を請求されるという手口が多いのです。

さらに彼らは正式な書面による契約書というものを出すことはありません。口約束で話をドンドン進めて行く場合がほとんどなので、相手のいいなりになりやすいのです。

注意すべき火災保険詐欺のポイント

●「必ず保険金がおりますから、無料でリフォームできます」というのは注意しましょう。何故ならば調査した結果によってはおりない場合があるからです。

●保険金がおりていないのに先にリフォームなどの契約を結ぼうとする。または勝手に工事をしてしまう業者。

●証拠として残る書面による契約書を渡さない業者は非常に危険ですから、途中でも断りましょう。

では、一体どうしたらいいのでしょうか?

一番わかりやすいのは「家の調査は無料で、保険がおりたらその保険金を使ってリフォームする」という形ではないでしょうか?

先ほども言ったように保険金が100%おりるとは限らないのであれば、それを前提とした契約を結ぶのは非常に危険です。あなたに保険会社から保険金がおりた後に、あなたが信頼するリフォーム業者などを選べば一番安心ですよね。

私が実際に頼んだ「火災保険申請サポート」も調査は完全に無料だったので、万が一被害個所が無かった場合は「申請することはできません」とキチンと説明してもらえます。もしも申請可能であれば、プロの調査員が写真を撮って保険会社に郵送する資料を作成してくれます。

もちろん、その調査会社もボランティアではないのであなたに保険金がおりた場合にだけ、成果報酬として30%を後払いすることになります。この30%が調査会社の運営費となるので逆に分かりやすいという事が出来ますね。

例えば、テレビCMでお馴染みの「過払い金が戻る請求」なども完全成果報酬で30%というのが多いですから、この30%というのは妥当な数字ではないでしょうか。

なんと保険金の使い道が自由

しかも、「火災保険申請サポート」が凄いのは、そのおりた保険金の使い道が自由だということです。リフォーム会社と契約した場合は、そのお金で必ずリフォームする事になるかと思いますが、何故ならばそれがその会社の利益になるからですよね。しかし、調査会社は成果報酬の30%が利益になるので保険金の使い道は気にしていません。あなたが保険金でリフォームしても、レジャーや生活費に使っても構わないのです。

この考えは、私も最初のころは戸惑いましたが保険会社もおりた保険金の使い道を聞いてくる事はありません。

もしも火事になって、保険金がおりた場合を想像してみて下さい。保険金を受け取った人は、必ずしも以前と同じように家を建て直す義務はないのです。もちろん家を建てる人もいるかもしれんせんが、賃貸のアパートに住んでもいいし、マンションを買ってもいいはずですよね。

本来、保険金の使い道は自由であっていいんだと思います。

私が実践済みの【火災保険申請サポート】の特徴

●「調査は無料ですが、必ず保険金がおりるとは限りません」調査の結果によっては保険金がおりない場合がありますが費用は一切いただきません。

●リフォーム会社ではないので、リフォーム等の契約はしません。なお、被害個所を直す場合はあなたが信頼のおける業者を選んで依頼して下さい。

●調査にかかる前に証拠として残る書面による契約書をキチンと取り交わします。保険金がおりたら30%の手数料を後払いしますから事前に費用はかかりません。

保険金がおりた場合だけ後から30%の手数料を支払う完全成果報酬型の「火災保険申請サポート」ならば私も実際に依頼したので、トラブルなしで安心です。もしも屋根や家に被害がない場合でも調査費用や出張費はかかりません。無料なのであなたにリスクは全くありません。このサービスの詳細は下のオレンジのバナーをクリックしてご覧ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください