火災保険おりた例、こんな些細な被害でも保険金はおります!

火災保険おりた実例写真を公開

火災保険が家事以外にも台風や洪水、雪の被害などの様々な自然災害に使えるという事は、このブログの読者の方ならばご理解いただけているかと思います。

でも中には「私も家の瓦が割れたみたいだけど、こんなんじゃ保険は使えないわね。」とか「家の壁にひびが入っているけど、こんな小さなひびは無理だよね。」という方がかなりいらっしゃいます。

保険申請するのに被害の大きさは関係ない

しかし、火災保険を申請してそれが保険会社から認められるかは被害の大きさには関係ありません。自然災害で被害にあったという事が証明されれば、保険会社としても認めてくれますから、瓦一枚。金具一つが被害を受けたとしてもプロの調査員が見れば通ることがあります。

正当な被害個所というのが素人の目には分からない

私の経験で言いますと、自分ではこの個所は通るだろうと思っていたのが実際は認められなかったり。全然気が付かない個所を見つけてもらったりと。火災保険の申請では素人考えは通用しません。でも、リフォーム会社や調査会社に頼むのもなかなか面倒だという方の為にどんな被害に対して実際に保険金がおりているのかという例をご紹介いたします。

地震保険の一部損壊で保険金がおりた実例

「地震保険を請求するって?地震で家が完全に倒壊した時だけじゃないの?」と大部分の方がそう思いますよね。

でも下の写真を見てください。赤い丸の中に細かい亀裂があるのが見えますか?これじつは私の家の基礎部分の写真なんですが、プロの調査員の方に指摘されて、その時はじめて気が付きました(遅っ)

じつは火災保険には「全壊」「半壊」「一部損壊」というように被害にも段階がありまして、このくらいの亀裂は「一部損壊」という枠に入っているのです。あなたの家の基礎部分にもこんな亀裂はないですか?

火災保険おりた実例写真1

スレートの屋根の被害のケース

火災保険おりた実例写真2

雨どいの被害のケース

火災保険おりた実例写真3

台風が原因による雨漏りのケース

上の写真のような雨漏りも原因が●●日の台風によるものと証明されれば、火災保険はおります。しかし、経年劣化や家の老朽化で雨漏りになったという場合は、火災保険は適用されませんのでご注意ください。

火災保険おりた実例写真4

その他、このような些細な被害もあります

 

このような被害があなたの家で見つかったら

このような些細な被害個所だからと遠慮しないで、一度プロの調査会社にご相談、無料調査をしてもらう事をおすすめいたします。

保険の知識がゼロでも、主婦や年配の方でも大丈夫。
火災保険申請に精通したプロが無料で写真を撮って報告書類を作ってくれます。
あなたはそれを保険会社に郵送するだけ。
もしも被害個所がなかった場合でも調査費用は無料ですのであなたにリスクは全くありません!

あとは専門スタッフが丁寧にご指導しますので全部お任せ下さい。
データは暗号化されて送りますから個人情報が洩れる心配もありません。
ネットや電話・ファックスで5分でカンタンに申し込みが出来ます↓

【ネットが苦手な人は無料調査の依頼書を郵送いたします】

なお、紙の依頼書をご自宅まで郵送して欲しいという方は、この下のお問合せフォームからお問合せ内容の欄に「依頼書郵送希望」と郵送先のご住所を書いてくだされば、私のほうから無料で郵送いたします↓





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

経営支援コンサルタント&ロゴデザイナーで、旅行とミステリー小説が大好きなおじさんです。プロフィール写真がうまく表示されません(笑)詳しくは私のプロフィール欄をご覧下さい。