地震保険は建物よりも生活を立て直すための保険である。

地震保険は最大で半分までしか補償されません

地震保険は、単独で加入する事は出来ず火災保険と必ずセットで入る保険です。また、最大限に保険に加入しても、建物や家財の地震時点での価値(時価)の半分までしか補償されません。したがって、建物を建て直したり家財を元通りに買い直すことはできません。

しかしながら、地震で被災した時は生活を立て直すための費用が必要になってくることから、地震保険はそのためのお金を用意する役割をになっているといえます。地震保険は、建物を建て直すための保険ではなく、生活を立て直すための保険であるということを理解して、有効に活用することをおすすめします。

地震保険には入っておいた方がよい理由とは

1.地震の被害を補償する保険は地震保険だけ
2.被災したあとの生活のために必要
3.住宅ローンの当面の返済資金にできる
4.地震保険は大震災で迅速に支払ってもらえる

地震が原因の火災は地震保険がないと保証されない?

地震が原因で火事が起きても火災保険があるから安心ではないんですね。上の漫画のようにその場合は地震保険に加入していないと保証されないので注意が必要です。

地震保険の加入率は約30%

 

地震で被災したあとの生活再建に必要な地震保険ですが、実際の加入率はどうなっているのでしょうか?
阪神大震災、新潟県中越地震、東日本大震災と大きな地震を経験してきた日本ですが、平成28年の現在の段階でも約30%しか加入していない事が上のグラフから分かります。地震大国日本でたった30%の加入率でよいのでしょうか? あなたは地震保険に加入していますか?もし未加入で、特に家族がいる世帯であれば、ぜひ地震保険への加入を検討してみてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

経営支援コンサルタント&ロゴデザイナーで、旅行とミステリー小説が大好きなおじさんです。プロフィール写真がうまく表示されません(笑)詳しくは私のプロフィール欄をご覧下さい。