床下浸水は火災保険で補償されるのか?

こんにちは、石井です。7月に西日本を中心とした豪雨災害で被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。このような時こそ、火災保険を有効に使っていただきたいと思います。連日のニュースで水害による住宅への浸水の映像を見ていて床上浸水と床下浸水との違いを調べてみました。

浸水による損害は「水災」を付帯していれば補償される

浸水による水害被害は、あなたの火災保険の補償範囲に「水災」が含まれていれば、契約している火災保険会社から保険金が支払われます。しかし、ここで注意点が2つありました。

床下浸水は補償対象外

ご存知のように浸水には「床上浸水」「床下浸水」があります。そのうち、床下浸水については水災補償の対象外になっているケースが多いです。

ほとんどの火災保険では、水災補償の範囲として保険対象に30%以上の損害がある場合。床上浸水または45cmを超える浸水があったときに補償されるようになっています。この45cmが一つの目安なので浸水に遭われた際には必ず証拠の写真を撮っておきましょう。国や自治体による水害被災支援なども、原則的に床下浸水による損害は対象外となっています。

床上浸水には補償条件がある。

床上浸水による損害補償に認定されるにも条件があるようです。一般的に水害の補償範囲は、保険金額の30%以上の損害が発生したとき。または、床上浸水(または地盤面から45cm超)が発生した場合に限り補償されます。

このあたりの詳しい判断基準は、火災保険会社によって異なるのでプロの調査会社に頼みましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です