屋根修理業者には詐欺業者が多い?

こんにちは、石井です。
このブログでは火災保険申請で自由に使えるお金を手に入れてハッピーになりましょうとお話していますが、もちろんおりた保険金でリフォームするのもありです。

しかし、最近のネット上には「火災保険を使った屋根修理業者は詐欺業者です!」とか「火災保険を使った屋根修理業者にご注意を!」などと書かれているように悪徳リフォーム会社や屋根修理業者には十分お気をつけ下さい。

屋根業界が悪徳業者が多いわけ

屋根業界は他の業界と比べて悪徳業者の比率が高いという事は言えるようです。その理由は、依頼者が直接屋根を目や手で確認できない点と修理内容の複雑さにあります。

悪徳詐欺業者は依頼主が屋根を見る事が出来ない事をいいことに、見積り調査の時にワザと瓦を割って写真を撮り「このままでは雨漏りがはじまって大変なことになりますよ」等と言って契約を取ろうとするらしいのです。

さらに屋根の上の作業もほとんど見る事は出来ないので、見積書に書かれている項目をやらずに手抜きをしても依頼主は確かめようがなく分からなくなるからです。

火災保険の活用は詐欺ではない。

この事は大手保険会社サイトにも書かれていますが、強い風が原因で屋根などに被害があったら保険申請を行なえば正当な権利として保険金がおります。火災保険とは火災以外にもいろいろな自然災害の補償がセットになっているものなのです。

ですから、風で壊れたので保険金を申請するというのは100%合法的な行為です。中には、保険を使ってしまったら、安心できなくなるとお考えの方もいるかも知れませんが、ご心配なく申請しても保険金が上がるという事はありません。

火災保険に入っているので無料調査に申し込んでみる

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です