和風瓦の上を歩く時の注意点をお教えします!

こんにちは、石井です。
今回の動画のタイトルは「和風瓦の上を歩く時の注意点をお教えします」というもの。一般の方には全く関係がない動画かもしれませんがこのブログをご覧の方の中には、ご自分の家の屋根に登って屋根の状態がどうなっているのか知りたい。

もしくは、個人で火災保険申請をしたいので屋根に登って写真を撮りたいという方もいらっしゃるかもしれません。特に屋根の瓦が昔ながらの和風の瓦の場合は、その上を歩く際に注意点があります。どの場所を歩くかによって、正常な瓦を傷つける場合がありますから、この動画を参考にして下さいね。

素人が屋根に登るのは危険です。

最近では、和風の瓦よりもスレートの屋根が多くなってきてはいますが、どちらにしても一般の人が屋根に登る事は危険を伴いますからお勧めできません。

特に火災保険申請をご自分でしようと考え、被害箇所を写真に撮ろうとしてもどの部分が被害箇所なのかがよく分からないと思います。しかもその写真の撮り方というものコツがあるようなので「餅は餅屋、プロの調査会社」に任せたほうが法律の範囲内で一番高い金額で見積書を書いてくれますよ。

もちろん、コレは法律の許す範囲内での事で「被害がないものをあるようには出来ません」その点は、保険会社のチェックが入るので、そのような不正があった場合はすぐにバレてしまうから調査会社も不正は出来ない体制になっています。

ですから無料調査の結果、何も被害は認められませんでした。というケースもある事をご承知おきください。その場合でも調査費用は0円ですからあなたは全くノーリスクだと思って下さい。

火災保険に入っているので、ノーリスクで申し込んでみる↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です