差しっ放しのコンセントや電気コードで火災が起こる?

こんにちは、石井です。
突然ですが、皆さんは「トラッキング火災」という言葉を聞いた事がありますか?トラッキング火災とは、差しっ放しのコンセントにホコリと水分が溜まる事でプラグとの間にスパークが発生し、出火するという火災です。

火災保険に入っている皆さんは、火事防止の為に寝たばこやガスの消し忘れ等には日頃から注意をしているかと思いますが意外と見落としがちなのがこれらの「電化製品のコンセントや電源コード」なんですね。

上の動画は、コンセントの差し込み部分にたまった埃が水分を含むことで出火する「トラッキング火災」の様子を再現したものです。

トラッキング火災が起こりそうな場所

家の中でも特に結露しやすい壁面のコンセント。水を使うキッチンや水槽のコンセント等。また重たいテレビや家具などの裏にあるコンセントは定期的にチェックして下さい。

また、あなたの家では長い電気コードを束ねたままで使ってはいませんか?そのような場所からも出火する事がありますからコードを束ねて使う事は止めましょう。

トラッキング火災の予防方法

イシイミノル
定期的にコンセント周りの掃除をし、ホコリを取り除く。
イシイミノル
電気コードは、高温になることがあるので束ねない。
イシイミノル
使用しない時は、なるべくプラグを抜くようにする。

大掃除はもちろん、日頃からコンセントには埃がたまらないようにマメに掃除をする事が火災防止にもなりますし、掃除をする事で運気もアップするという一石二鳥の効果がありますね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です