【火災保険ニュース】大阪震度6弱、半壊10棟を初確認、一部損壊は781棟

こんにちは、石井です。大阪北部地震で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震では活断層の脅威とブロック塀の怖さを認識させられました。この2つは日本全国どこでも被害があるようですから日頃から注意したいですね。

Yahooニュースより

大阪府北部を襲った最大震度6弱の地震で、府災害対策本部は21日午前7時半
現在の府内の住宅被害を発表し、枚方と茨木の両市で初めて半壊が計10棟確認された。
一部損壊は781棟で、20日午後3時現在の391棟から急増した。

茨木市は罹災(りさい)証明書の発行手続きを始め、高槻市も準備している。
今後調査が進むにつれて住宅被害はさらに拡大する可能性が高い。

一方、女児が倒壊したブロック塀の下敷きになり亡くなった事故を受け、
高槻市からの要請を受けた国土交通省近畿地方整備局は21日、応急危険度判定士の
資格を持つ職員6人を現地に派遣し、ブロック塀の安全点検を始める。

また、府はブロック塀に関する相談窓口を設置した。

こちらの記事もご参考にして下さい↓

地震保険の保険金請求の時効とは?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください