火災保険申請でなかなか行動出来ない人に贈ることわざとは?

こんにちは、石井です。私もそうなんですが、新しい事をやるというのは億劫ですし勇気がいります。まして、年を取ってくるとその傾向はますます顕著になりますよね。このブログをご覧のあなたも良い事を聞いた、為になった。という段階で実際に行動する(無料調査に申し込んでみる)まで行かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回はなかなか行動出来ない人に贈ることわざを集めてみました。

物は試し

【物は試しの意味】どんなことであっても、実際にやってみないと成否はわからないのだから、最初からだめだと決め付けないで、一度試してみるべきだということ。

この火災保険申請に当てはめると・・・・
最初から保険金はおりるわけがないと決め付けないで、一度試してみるべきだということ。

案ずるより産むが易し

「始める前はあれこれ悩むものの、実際に始めてしまえば案外簡単にできるものだ。」という意味です。色々と悩んでいても本当のところは実際にやってみないとわかりません。

この火災保険申請に当てはめると・・・・
申請をするのは面倒だと悩んでみたが、実際に始めてしまえば案外簡単に出来た。

駄目で元々

かりに実行して失敗したとしても、何もしなかった場合と結果は同じであったと考えること。思い切って行動するように促す言葉として使う。だめもと。

この火災保険申請に当てはめると・・・・
かりに申請が通らなかったとしても、お金が掛からないので何もしなかった場合と同じになるだけ。

あなたにリスクは全くありません。お金が全くかからないで調査をしてもらえるのですから、駄目で元々で申し込んでみてはいかがでしょうか?

思い立ったが吉日

何かをしようと思い立ったら、そう思った日を吉日としてすぐに取りかかるのが良いということで、何か物事を始めようと思った時は、それなりのきっかけや熱意があるので、日を選ばず、直ちに着手するのが良いという意味です。

この火災保険申請に当てはめると・・・・

この記事を見たあなたは、ご縁があります。いつかやろうと先延ばしにすると、忘れてしまったり、情熱が消えてしまいますから今すぐこの下のバナーを押して申し込んでください↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です