火災保険申請の写真はドローンやリモコンカメラの時代へ。

こんにちは、石井です。最近はドローンのおかげで様々な角度からの空撮が楽しめる時代になりましたね。
また、ドローンは娯楽だけでなく災害現場や工事現場などでも活躍している事も凄い時代になったものだと感心しています。先日YouTubeを見ていたら、そんなドローンを使った屋根の点検の動画があったので思わず見てしまいました。

ドローンで屋根点検の動画

大きな建物や古い家の場合は、簡単に屋根に登って点検をするのが困難な場合があります。そんな時に威力を発揮するのがこのドローンですよね。人間の目では見落としてしまうような場所でも近づく事が出来ますし、静止画も撮れるので火災保険の請求をする時にも使えます。

作業をする人も危険な作業のリスクが減る。家主さんも登られて屋根が傷つく心配がないと一石二鳥の効果がありますね。

私が頼んだ時はこんなモノが登場

私の家も周りが雨どいで囲まれていて、梯子を掛けるスペースがないような作りになっていたので、調査する人はどうするのか、じつは心配していたんです。でも、そこはプロ。餅は餅屋に任せろですね。ドローンではありませんでしたが、この写真のような地上から撮影が出来る伸縮性のあるカメラが登場しました。

屋根に登られる心配はありません。あなたは1時間程、現地調査に立ち会うだけです。
後は全てプロの調査会社が写真撮影や被災報告者を書いてくれます。今すぐ無料で屋根の健康診断を受けましょう↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です