【雪害】で火災保険が120万おりた自宅の例の動画がコレ。

こんにちは、石井です。先日の日本海側の豪雪で被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

雪で屋根やガレージが倒壊してしまった等の明らかに目に見える被害の場合は、すぐに保険会社に連絡したかと思いますが
そうでない「隠れ雪害」というのが結構多いのは知っていますか?

そこで今回は、雪害によって火災保険が120万おりた自宅の例という動画がありましたのでシェアいたします。

【雪害】で火災保険が120万おりた自宅の例の動画

この方の自宅の場合は、雪によって「雨どい」が歪んでしまったというケースですが、動画を見る限りでは、一見見ると分からないようなレベルです。完全に壊れている状態でなくても火災保険によって保険金がおりる事がよく分かります。

あなたの家の雨どいもこんな状態じゃないですか?

雪害による保険金の支払いは増加している。

2013年の雪害では既に1200億円以上カーポートや、屋根材、雨樋で保険金が支払いになっております。豪雪地帯にお住まいで火災保険に入っているあなた。いつも雪で苦労をしているのであれば、今年は火災保険で少しでも補償してもらいましょう。

屋根に登る事ができない人は、プロの調査会社に診てもらいましょう↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です