火災保険申請代行サービスに依頼する時の注意点

こんにちは、石井です。
私は2017年4月に火災保険申請代行サービスの調査会社であるスリーコールさんに無料調査をお願いしたわけですが、あなたが専門業者さんに依頼される際にこれだけは知っておいて欲しいというポイントをお伝えいたしますので参考になさって下さいね。

専門業者に依頼される場合の注意点

もしもあなたが専門業者に火災保険申請を依頼される場合の注意点は

【火災保険に対する知識】 【被害を見極める能力】【見積り作成のノウハウ】 【保険会社との交渉力】

それぞれについて、高い能力を備えた業者に依頼されることをおすすめ致します。

こうした知識やノウハウがないと・・・・

■本当は申請できる被害箇所を見落としてしまう。
■可能な見積額より低い見積りを作成してしまう。
■保険会社との交渉がうまくいかずに、申請した見積額を大幅に減額されてしまう。

ことになってしまい、結果として給付額が少なくなってしまいます。

手数料を払ってもプロの調査会社のほうが得?

火災保険申請代行サービスの会社で完全成果報酬型の場合は、保険会社から保険金がおりたら、その金額の何%を払って下さいというものがあります。その場合は手数料はかかりますが、保険会社と交渉したり、可能な限り高い見積もりを出してくれる等のメリットがあります。

保険金が確定する前の契約は要注意!

また、修繕を検討されている場合には、保険金給付が確定する前にリフォーム契約を結ぼうとする業者 にはご注意下さい。こうしたケースでは保険金が給付されなかった場合でもリフォーム契約自体は効力があるため、トラブルに発展することがあります。保険金が必ず給付されるわけではないので、保険金がおりた後にリフォームをするとか、手数料を払うという契約の業者さんが一番いいかと思います。

火災保険申請代行をお願いするなら、完全成果報酬型で保険金がおりた後に手数料を支払う私も去年頼んでホントに助かったこちらのサービスをお勧めします↓
https://ishii55.com/wp/2018/04/07/00/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です