火災保険申請サポートの体験談 【得意先の印刷会社の社長が身を乗り出してきた】

こんにちは、本業は商業デザイナーの石井です。
今回は普段大変お世話になっている某印刷会社の社長にお会いした時の様子をドキュメンタリー風にお届けいたします。※上の写真はイメージです。

私は自分の家を火災保険申請サポートを使って見てもらい実際に保険金がおりたのが2017年の4月でした。私としては思いもよらずに臨時ボーナスをもらったような気分でマジで助かりました。そこで、この素晴らしいサービスをFacebookのお友達や知り合いの人たちに是非使ってもらいたいという思いから簡単なチラシを作って会う機会があれば渡していたんです。

この印刷会社の社長には打ち合わせをする度に、なにげな~くこの火災保険申請サポートの事を話していたんですが、その時の様子はこんな感じでした。

社長Bさん
このサービスだけどぜんぜんダメだね
イシイミノル
そうですか、とりあえずチラシだけでも見て下さい

とその日は散々な結果でしたが、しかし先日またお会いする機会があったので

イシイミノル
社長、この前の火災保険の件なんですがじつは・・・
社長Bさん
えっ、本当かよ?

と言って身を乗り出してきました。

私が何をやったかというと・・・私の友人がこのサービスを使っておりた実際の保険金額の画像を見せただけなんですけどね。(下の写真がそのスマホの画面です)

あんなに疑い深い社長も実際にこの火災保険申請サポートで保険金が続々とおりている実績を見たら、目の色が変わるのも当然ですね。その成果画像を拡大したものがこちら↓

実際に保険金が保険会社からおりたのは関東周辺の一戸建ての方が多い結果になりました。さらに社長が目を見張ったのは、下の写真の資料を見せた時です。こちらは工場や旅館などの保険金額の平均値をデータ化したもので一般家屋の平均が100万円なのに対して、旅館や工場などの大きな建物はその10倍以上の平均1500万円にもなっているのに驚いていました。

そうなんです、この火災保険申請サポートはこの社長のように幾つもの物件を持っている人にはピッタリのサービスなんですね。申請は各物件ごとに出来ますから、何件からも保険金がおりるというケースもあります。中小企業の経営者の方にこそ、リスクがない「無料の家の健康診断」と言える火災保険申請サポートを是非使ってもらいたいなぁと思っています。

このサービスは社長にこそ使って欲しいと記事もご覧下さい↓
https://ishii55.com/wp/2018/05/08/rinen/

 

【ネットが苦手な人は無料調査の依頼書を郵送いたします】

なお、紙の依頼書をご自宅まで郵送して欲しいという方は、この下のお問合せフォームからお問合せ内容の欄に「依頼書郵送希望」と郵送先のご住所を書いてくだされば、私のほうから無料で郵送いたします↓





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

経営支援コンサルタント&ロゴデザイナーで、旅行とミステリー小説が大好きなおじさんです。プロフィール写真がうまく表示されません(笑)詳しくは私のプロフィール欄をご覧下さい。