火災保険の支払いはいつごろになるのか?(前半)

こんにちは、石井です。
このブログをご覧の方は火災保険はいつ支払われるのかというのは非常に気になる点かと思います。そこで私の家のケースを無料調査に申し込んで調査会社スリーコールさんが来たという所から時系列を追って再現してみたいと思います。

①保険会社への事故報告(あなた様→保険会社)

調査当日にスリーコールさんによる現地調査が終了時点で、何も被害箇所が見つからなかった場合は、そこで終了となりますが調査費用などの請求はありません。ここでは私のように被害があったという場合その後の手順をご説明いたしますね。

1.事故受付センターの電話が記載されているのであなたが保険会社に電話をして、「火災(地震)保険の請求をしたいのですが」と伝えて下さい。

2.その際に簡単な損害状況を話します。私の場合は「2011年3月15日地震により基礎と外壁にクラック」写真の青い文字は調査会社の方が書いてくれたもので、その通りに話せば分かるようになっていました。

ポイント1
じつは、火災保険の申請は個人でも出来るのですが上記のように「●年●月●日に●●によって、●●に被害を受けた」と報告できないと受け付けてもらえません!日にちや原因が明確であればいいですが個人では難しいのが現実です。

②保険会社の担当より連絡(保険会社→あなた様)

保険会社へ連絡した翌日に保険会社の担当から連絡が入ります。その際に「保険金請求書」を送付してくれるように依頼します。※その時の様子をスリーコールさんに電話してアドバイスをもらう事が出来ます。

③見積もり書の完成(スリーコール→あなた様)

現地調査から約1週間で「被害箇所の写真とそれらを直す為の見積もり書」がスリーコールから郵送されてきます。

ポイント2
ここも大きなポイントなんですが、保険会社に提出するものとして被害箇所の写真を撮ってプリントして提出。さらにその箇所を直すために足場代や材料費がこれだけかかるという見積もり書というものを出す必要があるのです。

写真と見積もり書を出す必要がある

私の場合は家の基礎部分だけだったので写真も撮れますが、これが屋根の瓦だったら、どうでしょうか?屋根に登る事も危険ですし、写真を撮るという行為も素人では難しいですよね。下手したら屋根から落ちて大怪我などしたら正に本末転倒ですね(笑)実際私の家は周りに雨どいが有って梯子をかけるスペースがないので家を建ててから20年も屋根の様子を見た事がありません。

さらにそれを直す為の見積もり書って、一般の人は書けますか?私には無理です(笑)その点スリーコールさんは調査の専門の会社ですからすぐに送っていただきました。保険金がおりたら30%の成果報酬を支払いますが、その手数料を払ってもその価値はあると思いました。やはり、餅は餅屋ですね。

後半に続く→https://ishii55.com/wp/2018/05/14/shiharai-2/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です