火災保険申請代行詐欺に注意しましょう。

こんにちは、石井です。オレオレ詐欺や特殊詐欺は数多くテレビや新聞で報道されているにもかかわらず、その被害が減る事はありません。さらに最近では火災保険申請を巡る詐欺も増えているようなのでどのような手口なのか調べてみました。

【事例】代金として保険金全額を支払ったが、いつまでたっても着工されない。

業者から電話があり、「台風で壊れた屋根を保険金で修理しないか」という勧誘を受けたので申し込むと、業者から依頼を受けたという調査員が訪問してきた。
その後、屋根の写真と修理見積書を用いて保険会社に請求し、支払われた保険金全額を修理費として業者の銀行口座に振り込んだ。

後日、業者から修理予定日を告げられたが、別の台風の影響により延期になった。その後、具体的な修理日程を業者に何度も問い合わせたが分からないと言われ、いつまでたっても修理が行われない。

(2012年6月受付 契約者:70 歳代 無職 男性 静岡県)~国民生活センターのホームページから抜粋~

最初から保険金全額を騙しとる為に「屋根を点検してあげます」というパターンですね。保険金全額を振り込んで欲しいというのは怪しいですね。その業者が何の会社なのか?リフォーム会社なのか、調査会社なのかを事前にチェックしましょう。

その他の事例は

その他の火災保険を巡るトラブルとしては、上記のようなものがあります。火災保険に限らず口約束ではなく正式に書面で残る契約書をもらっておくことが大切ですね。

その業者の目的を考えてみて下さい

リフォーム会社ならば、目的は「そのお金でリフォームしてもらう事」詐欺グループならば、目的は「そのお金を全額奪いとる事」ですよね。今回私が頼んだ会社は調査専門の会社なので、目的は「法律の範囲内で被害箇所を多く見つける事」ですから、申請代行を頼む時はリフォーム会社ではなく、調査専門の会社にしたほうが安心安全という事が言えると思います。

何故ならば、調査専門の会社は過払金の返還請求と同じようにおりた金額の●%の完全成果報酬で成り立っているからです。かといってその調査会社もプロですから、上のトラブル3のように何も被害がないのに被害があったように水増しして保険会社に申請するという事は絶対にありません。

保険金をもらっても必ず修理をする必要はありません。

私の場合がそうでしたが自動車保険と同じように保険金は被害に対して支払われるものなので、保険金をもらったからといって絶対に修理をする義務はありません。ですから、代行してあげますという業者さんがいたとしてもそのおりた保険金の使い道が修理に限るという場合は、頼まないほうがいいでしょう。申請はしたけれど保険金がおりない場合もあるからです。

どうしても修理したい場合は、おりた保険金であなたが主体になってリフォーム会社を探して依頼すれば、詐欺被害に会う事はありませんから。

今度はあなたが保険金を受け取る番です





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

経営支援コンサルタント&ロゴデザイナーで、旅行とミステリー小説が大好きなおじさんです。プロフィール写真がうまく表示されません(笑)詳しくは私のプロフィール欄をご覧下さい。