火災保険で水増し請求は出来るのか?

こんにちは、このブログの管理人の石井です。今回ちょっとグレーなテーマ?の火災保険で水増し請求は出来るのか?という内容で話していきたいと思います。というのも最近は火災保険申請を巡るトラブルや詐欺まがいの行為が社会問題化しているからなのです。どうぞ最後までお付き合い下さい。

屋根や家屋の診断は専門の業者が行う

まず、最初に火災保険申請の基本的なお話ですが、屋根や家屋に自然災害の被害があっり、台風の後なので心配になって点検をしてもらいたいと思ったほとんどの方が以下2つのどちらかに被害の状況を診断してもらっています。というのも火災保険申請は申請者と保険会社だけで成立するものではなく、第三者による診断や種類が必要だからです。

●屋根の修理業者
●保険が適用できるか診断してくれる調査会社の診断士

2つの業者とも屋根の診断は無料で行ってくれますが、保険会社から申請が認められたら以下のような費用が発生する仕組みになっています。屋根やリフォーム会社は、火災保険が認定された場合、必ず工事をする事を約束・契約して屋根の修理費用としておりた保険金の全額を渡す。

なお、火災保険は申請しても必ず保険会社が認定するわけではありませんから、必ず工事をするという契約をする場合はキャンセル料が発生しないのか等、書面による契約書を取り交わす必要があります。じつはこのような契約を巡って最近、下の記事のような火災保険申請詐欺が増えている現状があるからです。

火災保険申請詐欺の手口3つとその対策とは?

それに対して調査会社の診断士は、火災保険が認定された場合、おりた保険金の30%を成果報酬として後から渡すので保険会社が認めなかっとしても調査は無料なのでリスクは少ないという大きな違いがあります。

また、それぞれ下の図のようなメリットとデメリットがありことも理解しておきましょう。

目的に応じて二つの業者を選択する

ですからあなたが火災保険申請をする目的に応じた業者を選ぶ事が大事ですね。おりた保険金の全額で必ずリフォームしたいというのであれば屋根業者に依頼する。もしくは、調査会社に成果報酬を払っても「自由に使える保険金」を優先してリフォームは後から考えるのか。

保険金の使い道は自由だッ~~!という記事もご覧ください↓

火災保険でおりた保険金の使い道は自由だッ~~!

一般的な無料調査と調査会社の仕組みの違いとは?

ここで無料調査の違いについてお話いたします。上の図の左のイラストはよくある無料シロアリ調査等の場合の例ですが、調査した結果、何か問題があった場合は最終的にはあなたが100%支払う形になります。先に書いた屋根業者が保険金がおりたら全額を渡すのも同じですね。

しかし、昨年私が依頼した調査会社のサービスは右のイラストのような流れで、あなたが依頼主ですからあなたに1円でも有利になるようにあなたの側に立って調査をしてくれます。何故ならば、この調査会社はリフォーム会社ではなく調査だけを専門とする「暮らしの110番」というプロ集団で、成果報酬で成り立っているからなんですね。

その調査会社もどうせならば高い金額を保険会社に提示して高い保険金がおりれば、その会社の利益も高くなるので依頼するほうとしたらどうせならば「水増し請求」をしてくれないかなぁと不謹慎な考えが浮かんでしまいますが・・・

結論を言いますと「水増し請求は出来ません」

まぁ当然と言えば当然ですけどね。火災保険金の請求には厳格な基準がありますから被害がないのに被害があるように提出しても保険会社は承諾しませんし、そのような行為を繰り返していたら保険業界を敵に回す事になり、この会社やサービス自体が信用されなくなりますからね。

不正はすぐに見破られます。

申請業者の中には意図的に瓦を割ったり別の屋根の写真を使ったりして、不正に補償を申請する悪徳業者もいるようですが、このような不正は鑑定会社にすぐに見破られてしまいます。最悪の場合はあなたが火災保険の請求ができなくなってしまう可能性もありますから依頼する調査会社の選定は大事なポイントなんですよ。

その点、私が頼んだ調査会社は保険の基準を熟知したプロ集団です。その基準の中で依頼人のあなたに一番有利な所をくまなく調べてくれるというのがこの火災保険申請サポートというシステムです。

保険の知識がゼロでも、主婦や年配の方でも大丈夫。火災保険申請に精通したプロが無料で写真を撮って報告書類を作ってくれます。あなたはそれを保険会社に郵送するだけ。もしも被害個所がなかった場合でも調査費用は無料ですのであなたにリスクは全くありません!

あとは専門スタッフが丁寧にご指導しますので全部お任せ下さい。データは暗号化されて送りますから個人情報が洩れる心配もありません。ネットや郵送・ファックスでもカンタンに申し込みが出来ます↓

【注意事項】
火災保険申請サポートは非常に人気があるので現地調査までに数週間先の予約になる事がございます。現地調査は無料となっておりますが、保険金が受給できましたら申請サポート費用として保険金額の30%をお支払い頂き、残りの保険金の使い道は自由にお客様の方でご利用していただく事ができます。またこのサービスは必ず保険金が受け取りできる事をお約束するサービスではございません。被災内容、お家の形状、加入されている火災保険の内容によって保険金が受給できないこともあります。

支給された保険金の最新報告があったので一部を紹介します

●浦安市の自宅116万円
●東京赤坂テナント66万円
●横浜市分譲マンション75万円
●栃木県自宅70万円
●新潟県自宅190万円
●長野県自宅170万円の保険金がおりたという報告を受けました。※こうしてみると新潟や長野など雪の多い地方は雪が原因の災害が多いので、支給される保険金も多いですね。

私の知り合いに薦めた結果はこちら

【ネットが苦手な人は無料調査の依頼書を郵送いたします】

なお、紙の依頼書をご自宅まで郵送して欲しいという方は、この下のお問合せフォームからお問合せ内容の欄に「依頼書郵送希望」と郵送先のご住所を書いてくだされば、私のほうから無料で郵送いたします↓





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

経営支援コンサルタント&ロゴデザイナーで、旅行とミステリー小説が大好きなおじさんです。プロフィール写真がうまく表示されません(笑)詳しくは私のプロフィール欄をご覧下さい。