火災保険はどこまで補償されるのか?

こんにちは、石井です。火災保険は、その名前から火事になった時に使うものというイメージが強いですが、実はそんな事はありません。

火災保険は最近では「家災保険」と言われるくらい火事以外の災害でも補償してくれる範囲が広くなっていますので、火事の時にしか必要ないと考えるのはもったいないですよね。

火災保険の主な補償範囲とは?

【火災、落雷】
火災や落雷、破裂に爆発などで、建物や家財が損害を受けたとき。

【風災・雹(ひょう)災・雪災】
風災や雹災、雪災などによって、建物や家財が損害を受けたとき。

【水災】
台風や豪雨などによって洪水や高潮、土砂崩れが起こり、建物や家財が損害を受けたとき。

【水濡れ】
給排水設備の事故や、他の部屋で起きた事故によって起きた水濡れによって、建物や家財が損害を受けたとき。

【偶然な事故による破損・汚損など】
偶然な事故や不注意などによって、建物や家財が損害を受けたとき。

【盗難、盗難による破損・汚損】
強盗や窃盗によって建物や家財が損傷または汚損してしまった。家財が盗まれた等このような損害を受けたとき。

片付け費用を補償する保険金もあります

火災以外の自然災害で建物や家の周りのものに被害が出た場合、それらを片付けたり清掃したりする費用がかかる場合がありますが、これらの費用に対しても保険金が支払われます。一時的に発生した諸費用を火災保険の損害保険金とは別に補償してくれるのが「費用保険金」です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です