火災保険・地震保険はどこまで補償されるのか?

火災保険・地震保険で補償はどこまでされるのかについてお話します。

こんにちは、石井です。火災保険は、その名前から火事になった時に使うものというイメージが強いですが、実はそんな事はありません。

火災保険は火事以外の様々な被害も補償してくれる保険なので、最近では火災保険ではなく「家災保険」と言われるくらいです。火災保険は火事の時にしか必要ないと考えるのはもったいないですよね。

火災保険の主な補償範囲とは?

【火災、落雷】
火災や落雷、破裂に爆発などで、建物や家財が損害を受けたとき。

【風災・雹(ひょう)災・雪災】
風災や雹災、雪災などによって、建物や家財が損害を受けたとき。

【水災】
台風や豪雨などによって洪水や高潮、土砂崩れが起こり、建物や家財が損害を受けたとき。

【水濡れ】
給排水設備の事故や、他の部屋で起きた事故によって起きた水濡れによって、建物や家財が損害を受けたとき。

【偶然な事故による破損・汚損など】
偶然な事故や不注意などによって、建物や家財が損害を受けたとき。

【盗難、盗難による破損・汚損】
強盗や窃盗によって建物や家財が損傷または汚損してしまった。家財が盗まれた等このような損害を受けたとき。

片付け費用を補償する保険金もあります

火災以外の自然災害で建物や家の周りのものに被害が出た場合、それらを片付けたり清掃したりする費用がかかる場合がありますが、これらの費用に対しても保険金が支払われます。一時的に発生した諸費用を火災保険の損害保険金とは別に補償してくれるのが「費用保険金」です。下の写真の方は42万円もの片付け費用が保険会社からおりました。

なお、こんな些細な被害でも保険金がおりた実例がありますので、ご覧ください↓

詳細はこちら >>火災保険おりた実例、こんな些細な被害でも保険金はおります!

詳細はこちら >>平均100万円の保険金がおりる可能性があります!

無料で調査してもらえる方法を書いたので、とりあえず見て下さい↓

詳細はこちら >> 火災保険申請サポートの無料診断はコチラから5分でお申込みいただけます。

無料調査をしてもらった主婦A子さん
今なら無料調査に申し込むだけで、もれなくクオカードがもらえる期間限定キャンペーンもやってるみたいだから急いで。

クオカードがもらえるキャンペーンの詳細を確認したい方はこちら

火災保険+地震保険+クオカード進呈

もちろん、保険申請がうまく進めば個人の一戸建てで平均100万円。大きな旅館や工場などは平均1000万円という高額の保険金も調査から一か月とか二ヶ月のうちにゲットできちゃうし、地震保険に入っている方はそちらからも保険がおりる可能性があります。つまりクオカード+火災保険+地震保険と3つもチャンスがあるんですね。

なお、この記事に関するご質問や火災保険に関する疑問がございましたら、下の質問フォームからお気軽にお尋ねください。また、火災保険申請サポートでは紙の依頼書をご希望の方は無料で郵送していますので、下のメールフォームに「紙の依頼書郵送希望」とお名前とご住所を明記してお送りくださればすぐに配送いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

経営支援コンサルタント&ロゴデザイナーで、旅行とミステリー小説が大好きなおじさんです。プロフィール写真がうまく表示されません(笑)詳しくは私のプロフィール欄をご覧下さい。