火災保険でおりた保険金の使い道は自由だッ~~!

このブログをご覧の方はご自分で火災保険を申請してみようと思っていらっしゃるか、申請代行を探している方じゃないですか。そんな方の為に火災保険申請を代行している所に頼む際に気を付けて欲しい点が1つあります。

それは「保険金の使い道が自由かどうか?」という事。

保険金の使い道が限られる場合も

火災保険申請の代行は、リフォーム会社や工務店などでも同じようなサービスを行っている所があります。リフォーム会社や公務店が何故そのサービスを行っているかというと「おりた保険金でリフォームして欲しい」という理由からですよね。

中には、保険会社に申請をしてあげる代わりに、おりた保険金はリフォームにしか使えないという条件の会社もあると聞きました。でも、これだと保険金の使い道が限られてしまいますよね。

あなたがどうしてもその会社にリフォームして欲しいというのであれば無理には言いませんが、せっかくおりた保険金は自由に使いたいじゃないですか?

事前に条件を確認しましょう

コレって例えて言うと・・・あなたの家が火事になって、火災保険金がおりたと想像してみて下さい。その場合おりた保険金で必ずしも新しい家を建て直さなければならないという訳ではないですよね。そのお金で賃貸アパートを借りて住んでもいいわけです。

あなたが申請を頼む場合は「使い道が自由な保険金がおりる所」かどうか、よく見極めて頼んで欲しいという事なんです。

特別出演・川平慈英
保険金の使い道は自由であっていい~~んです!!

保険金は手段、目的は家族が幸せになる事!

せっかく保険金がおりたのに自由に使えない。結局リフォーム会社ばかりが得をするのは納得がいきません。このブログの読者の方には保険金は手段で、目的は家族が幸せになるという事を分かって欲しいんです。

日頃忙しく家族と旅行をする機会がないという方は、あなたの家のタンスの中で眠っている火災保険にここらで一仕事してもらいましょう。「今度、●●に家族で旅行に行かない?」とサプライズプレゼントで家族をビックリさせちゃて下さいね、ちょっと前の私のように。

あなたも眠っている火災保険で家族の思い出を作ってみませんか↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です