火災保険でおりた保険金の使い道は自由だッ~~!

このブログをご覧の方は、ご自分で火災保険を申請してみようと思っていらっしゃるか、または火災保険申請代行を探している方だと思います。今回はそんなあなた為に火災保険申請を代行している所に頼む際に気を付けて欲しい点が1つありますのでそれについてお話しいたしますね。

業者によって保険金の使い道が限られる?

現在火災保険を申請する際に、ほとんどの方が以下2つのどちらかに被害の状況を診断してもらっています。というのも火災保険申請は申請者と保険会社だけで成立するものではなく、第三者による診断や種類が必要だからです。

●屋根の修理業者
●保険が適用できるか診断してくれる調査会社の診断士

2つの業者とも屋根の診断は無料で行ってくれますが、保険会社から申請が認められたら以下のような費用が発生する仕組みになっています。屋根やリフォーム会社は、火災保険が認定された場合、必ず工事をする事を約束・契約して屋根の修理費用としておりた保険金の全額を渡す。それに対して調査会社はおりた保険金の30%を成果報酬として渡すという違いがあります。

また、火災保険申請の代行というのは上の図のようにリフォーム会社や屋根業者が行っている所が多いです。何故かというとリフォーム会社や屋根業者は「おりた保険金でリフォームして欲しいという目的があるからなんです。

中には、保険会社に申請をしてあげる代わりに、おりた保険金はリフォームにしか使えないという条件の会社もあると聞きました。リフォーム会社としてみればそれが仕事なので仕方がないかもしれませんが、これだとせっかくおりた保険金の使い道が限られてしまいますよね。

もちろん、あなたがどうしても被害箇所が気になるのでリフォームして欲しいというのであればリフォームしても構いません。その場合も保険金がおりてからリフォーム会社に依頼するのがベストなやり方です。

というのも悪徳リフォーム会社や屋根業者によっては、おりるかどうか分からない保険金を事前に契約させられて、おりなかった場合にはキャンセル料や全額自腹で払わされたというケースがあるからなんです。

火災保険申請詐欺についての記事はこちら↓

火災保険申請詐欺の実態とその対策とは

事前に条件を確認しましょう

コレって例えて言うと・・・あまり想像はしたくないですが、あなたの家が火事になって火災保険金がおりたと考えてみてください(笑)

その場合おりた保険金で必ずしも新しい家を建て直さなければならないという決まりはないんです。そのお金で賃貸アパートを借りて住んでもいいし、もちろん建て直してもいいわけですよね。つまり、私が言いたいのはあなたが火災保険申請を頼む場合は「使い道が自由な保険金がおりる所」かどうか、よく見極めて頼んで欲しいという事なんです。

特別出演・川平慈英
保険金の使い道は自由であっていい~~んです!!

保険金は手段、目的は家族が幸せになる事!

せっかく保険金がおりたのに自由に使えない。結局リフォーム会社ばかりが得をするのは納得がいかないと思いませんか?特にこのブログをご覧いただいているあなたには保険金は手段で、目的は家族が幸せになるというこのブログの趣旨を分かって欲しいんです。

日頃忙しく家族と旅行をする機会がないという方は、あなたの家のタンスの中で眠っている火災保険にここらで一仕事してもらいましょう。「今度、●●に家族で旅行に行かない?」とサプライズプレゼントで家族をビックリさせちゃて下さいね、ちょっと前の私のように。このブログを読んで、火災保険があなたの家族を幸せにするお手伝いが出来れば幸いです。

今回はおりた保険金が自由に使えるかどうか、事前に調べる事が大事だという事をお話しいたしました。というのも最近は火災保険申請代行を巡るトラブルが増えている為に「すべての火災保険申請代行が怪しい、詐欺だ」という情報がネットでも増えているからなんです。

使い道が自由な火災保険金申請なんてあるの?

そうなると、どの会社に依頼したらいいのか分からないという方がいらっしゃるかと思います。そんな方の為に私が実際に依頼して自由に使える保険金を手に入れる事が出来たリフォーム会社ではない、正真正銘の調査だけを行っているプロ集団「くらしの110番」が行っている火災保険申請サポートをご紹介いたします。

火災保険申請サポートって何?という方は、こちらの記事をご覧下さい↓

火災保険の申請方法を知りたい方は、まずこちらの動画をご覧下さい。

その力をちょっとだけ借りて家族の思い出を作ってみませんか?↓

「火災保険がこんなに活用できるなんて知らなった」という沢山の方がパソコンやスマホ、タブレットで参加しています。行動しなければ何も変わりません。自分でも出来るのか?不安はあるかと思いますが、分からない点は下の質問専用メールフォームからお気軽にお聞き下さい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です