火災保険申請を自分でやるコツとは?

主婦A子さん
火災保険の申請って、自分でやれば手数料がかからないんじゃない
イシイミノル
確かにご自分でやるというも可能ではあるんですが・・・

火災保険申請サポートへのよくあるご質問の中でこのようなお問い合わせは多いです。そこで今回は火災保険申請を個人で行うコツについてご説明いたします。

ます、ご自身でやられる場合は屋根に登って損害ヶ所を探して写真に撮り、それを元に材料費・工事費の【見積書】を作成して添付する、といった作業が必要になります。

危険を伴う屋根の調査

これって、簡単に屋根に登れる家ならばともかく私の家のようにハシゴを掛ける場所もない場合は素人では無理ですね。下手をしたら屋根から転落なんて事になったら元も子もありませんからね。

そもそも、それを直す為にどんな材料と工事が必要かなんて全く想像もできません。また、それらを外注業者に委託するとなると初期費用・着手金などがかかりますので、その費用もバカになりません。

保険会社と交渉をすることも

また、保険会社に直接連絡した場合、保険会社の担当の調査員が現場調査をすることになるのですが、あくまで【その調査員は保険会社側】であるため、最悪の場合は自然災害でも経年劣化だと言って保険求償を認めないというケースも発生しています。

イシイミノル
ちなみに火災保険は自然災害のみが認めれて、老朽化では認められないんですね。

保険会社もなるべくだったら保険金は払いたくないですから。その点、この申請サポートでは申請者の立場に立って「着手金0円」「完全成果報酬」でやってくれるので、保険請求になりそうな箇所をくまなく探して、1円でも多く保険金がおりるように最大限の努力をしてくれますよ。

屋根の健康診断として

さらに最近では建物の「健康診断」的にこのサポートを使う方が増えていると聞きました。もし何も損害がな語った場合は「建物が健康であったということ」で安心して住んでいただけると思います。

もちろん、その際は調査費用などは一切かかりませんのでその点でも安心ですよね。やはり、「餅は餅屋」プロの調査会社に丸投げするほうが面倒な手続きがなくて便利ですね。

あなたも無料で家の健康診断をしてはいかがでしょうか↓

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です