火災保険は、いくらおりる?

火災保険は火事以外でも台風やゲリラ豪雨による突風や落雷や雪害、さらに都会ではひょうによる自然災害なども補償されています。そこで火災保険について多くの人が一番知りたいと思っている「ぶっちゃけ、火災保険はいくらおりるのか?」という点をお話します。

自宅が床上浸水して畳と床を取り換えたAさんの場合↓

上の写真は、2017年8月22日NHKの朝の番組「あさイチ」で放送された事例なんですが、自宅が床上浸水の被害にあい、畳とフローリングを張り替えて壁の一部も直す事になりその修繕費用は200万円にもなったそうです。

しかし、火災保険が水害も補償してくれる事を教えてもらい保険会社に申請したところ137万円の保険金がおりました。

ひょうによって屋根や室外機に被害を受けたBさんの場合↓

次に登場した女性は自宅が「ひょう」による被害で屋根や外壁クーラーの室外機などが破損の被害に遭われた方の事例ですが141万円の損害保険金に加えて、費用保険金といって42万円もの片付け費用が出たケースもあります。※片付けに費用が掛かった場合は、その領収書を取っておくことをお勧めします。

その番組の内容はこちらの動画で確認下さい↓

この記事を書いている私石井の場合は

主婦A子さん
テレビで紹介されている事例ってどうせ、やらせなんじゃないの?
イシイミノル
そんな疑い深い方のために私が実際に受け取った保険金を大公開しちゃいます。

じつは、私の場合は屋根や家屋に損傷はなく火災保険金はおりませんでしたが、地震保険に入っていたので一部損壊という事で、写真のように無事45万円の保険金が保険会社からおりました。調査会社の人には、屋根に被害があれば2倍くらいにはなっていたかもと言われました。

火災保険は普通3年以内の災害が補償対象なんですが東日本大震災関連は別扱いで、そこまで遡って申請する事が可能です。あなたの家もあの時の地震の影響で家の基礎にひび割れしているかもしれませんから、諦めないで無料調査をしてみましょうね。

私が頼んだ申請代行の会社の実例では

上の写真は、その調査会社の資料なんですが、温泉旅館や工場などの大きな建物の場合は2000万円という高額になっています。これは破損個所を直す際に大規模な足場を組む等の費用が掛かる為で保険金も平均で約1500万円にもなっています。この記事をお読みの方で自社ビルや工場をお持ちの方は、高額な保険金がおりるチャンスがありますよ。

また、一般の一戸建てやマンションでは240万円という事例もありますが平均すると約100万円~150万円ほどになるという事が分かりました。

主婦A子さん
一般家庭で約100万円って、私のパートの年収と同じじゃない!
イシイミノル
は、はい。火災保険が臨時ボーナスになっちゃいます。

火災保険は火事以外でも保険金を申請する事ができて、臨時ボーナスになるので私はこちらの会社に無料調査を丸投げしちゃいました(笑)↓
http://ishii55.com/wp/2018/04/26/kuchikomi/

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です