火災保険申請の調査会社の評判・口コミ。あなたの不安を解消します。

火災保険申請の調査会社の評判について解説いたします。

こんにちは、石井です。このブログをお読みいただきまして、ありがとうございます。火災保険申請サポートの調査会社って、一体どんな会社なんだろうと不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

この会社のお陰で保険の素人だった私も火災保険申請をして無事保険会社から保険金がおりました。そこで今回は私が実際に依頼した火災保険申請の調査会社の評判について書いてみました。

火災保険の申請代行を行う会社とは

まず、火災保険申請の代行をしてくれる会社は、大きく分けて①リフォームや建設会社が行っているもの。②保険の調査専門の会社が行っているものの2つに分かれます。

火災保険申請はもちろん個人でも行う事ができますが、被害個所の写真を撮ったり被害を直すための見積もり書を作成したりしなければならないので一般の方にとっては結構難しいものなんです。そもそも被害個所がよく分からない場合には、その個所や原因を特定するのも困難な作業です。

そこであなたの代わりに火災保険の申請を代行してくれる会社が存在するわけです。あなたの代わりと言いましても保険会社に申請するのは、あくまでも契約者であるあなたです。※契約者以外が保険会社に申請するのは違法です。

では、火災保険申請の調査会社は何をするかと言いますと「被害個所の写真撮影、保険会社に提出する書類を全て作成、保険会社との交渉のアドバイス」等をしてくれます。※書類を代行業者が作成するのは違法ではありません。

私の場合は2017年に友人から火災保険申請サポートを教えてもらって、自宅の無料調査を②の調査会社さんお願いしました。ですので調査会社のケースをお話いたします。※リフォーム会社が行う場合は、その目的がリフォームをしてもらう事なので、おりた保険金は全てリフォームにしか使えない等の制約がある場合がございます。

調査会社の場合

現地調査後に送られてくる「事故報告書」の一部

上の写真は、実際に私の家を診てもらった後に調査会社から送られてきた「事故報告書」です。このように被害個所の場所を指摘して、●月●日の自然災害で、こんな被害を受けましたという証明を保険会社にする必要があるのです。

被害個所を直すための「御見積書」

さらに、それらの書類の中には上の写真のような「御見積書」というものがあります。これは被害個所を元通りに直す為にいくらかかるのかを詳細に割り出したもので、建築会社かリフォーム会社に依頼して書いてもらう形が一般的です。この金額を基に保険会社がどの位認定するかで、おりる保険金額が決まります。

保険会社との電話対応の方法もマニュアル化してあります。

また、被害報告書以外にも上の写真のようなその後の手順や保険会社と話す内容などが事細かく書いてある「事故受付連絡マニュアル」も一緒に送られてきたので、保険申請が初めてだった素人の私でも迷う事なくスムーズに保険申請が出来ました。

このようにプロの保険代行の会社に頼むと、火災保険について何も知らない人でもマニュアルに書いてあるシナリオに従って保険会社に電話したり、申請書を送るだけで手続きは完了してしまうというメリットがあります。調査会社も専門のオペレーターが常備しているので分からない点も丁寧に電話で教えてくれます。私も初めての申請だったので住まいの調査会社に丸投げしちゃいました。

なお、火災保険申請サポートの調査会社の社長にいろいろな事をお聞きしたこちらの関連記事も参考にして下さい。
詳細はこちら >>2億円の支払い実績の調査会社の社長に聞きました。

【追記】2019年2月以降、調査までの期間短縮・業務の効率化のために調査会社が増えました。お申込の後、一度ワンズベストにてエリアやサポート費用の確認をし各調査会社に割り振りをさせていただいております。

詳細はこちら >>【朗報】火災保険申請サポートの調査会社が3社に増えました。

火災保険を申請した人のお客様の声

火災保険申請サポートの調査会社に依頼するメリットとは

火災保険申請は個人でもする事が可能ですと以前このブログの記事でも書きましたが、実際は被害個所の写真や見積もり書など様々な書類を揃える手間がかかります。上の図は個人で申請した場合(左)と調査会社に依頼した場合(右)の保険金支払いのイメージ図ですが、個人の場合はどうしても最低限の損害保険金しか申請する事ができないのが実情です。

それに対して調査会社に依頼した場合(右)成功報酬として30%が引かれますが、保険金の増額分を申請可能な為にそれを引いたとしても最終的にあなたに支払われる保険金額が多くなるので、お得だという事が分かります。

なお調査会社が調査してみて、何も被害がなく保険金がおりなかった場合は調査費や出張費用などの費用は一切かからない完全無料なので、あなたにリスクは全くありません。安心して無料調査をお申込み下さい。

火災保険申請サポートで保険金がおりた体験者の方の声はこちら
詳細はこちら >>【体験者の声】保険金がおりた方々のアンケートをまとめました。

火災保険申請の体験者の方にスカイプで感想を伺いました。

プロの調査会社があなたの家や屋根を見てくれる「火災保険申請サポート」を実際に体験して保険会社から保険金がおりた方に私石井が感想を伺いましたのでその生の声をお聞きください。

詳細はこちら >>火災保険申請の体験者の方にスカイプで感想を伺いました。

私の家の現地調査(2回目)の様子はこちら↓

火災保険申請サポートの調査はたったの40分立ち会うだけ。

 

私の家の現地調査(1回目)の様子はこちら↓

 

詳細はこちら >>火災保険の現地調査が家にやって来た!【調査は1時間で終了】

火災保険申請サポートがやってくれる事。
1.全国どこでも無料で保険申請が出来るかどうかの現地調査をしてくれる。
2.あなたの代わりに事故状況説明書を書いてくれる。
3.あなたの代わりに修理見積書を書いてくれる。
4.あなたの代わりに屋根に登ったりして、被害箇所の写真を撮影してくれる。
あなたがやる事は、この2つだけ!
1.調査後に申請できる場合のみ、保険会社に保険金申請書を下さいと電話をする。
2.保険会社にすべての書類を郵送する。

この記事を読んで、少しでも気になった方は無料調査だけでもいかかですか?ネットからなら保険証書を準備して5分くらい。ネットが苦手な方は、私から無料で紙の依頼書を郵送いたしますから、その用紙に書いてファックスか郵送するだけで、調査のお申込みが完了します。後は実際の調査日を決めて下さいね。

無料で調査してもらえる方法を書いたので、とりあえず見て下さい↓

詳細はこちら >> 火災保険申請サポートの無料診断はコチラから5分でお申込みいただけます。

無料調査をしてもらった主婦A子さん
今なら無料調査に申し込むだけで、もれなくクオカードがもらえるキャンペーンもやってるみたいだから急いで。

無料調査に申し込んでクオカードをもれなく貰っちゃおう

現在ブログ開設2周年記念企画といたしまして、「火災保険申請の無料調査にお申込みの方もれなく全員にクオカード1000円分をプレゼント」しています。被害のありなしに関係なく、お申込みをしていただいた時点で、ご自宅にクオカードを郵送しています。

調査をして万が一、被害個所がなかった場合は調査費用などは一切いただきません。あなたは安心してクオカードをお受け取り下さい。なお、このプレゼント企画は突然終了する事がありますので、この機会をお見逃しなく。

この下の図は、あなたにおりる保険金の目安を分かりやすく示したものですが、地震保険に入っていれば平均45万円~270万円。火災保険は平均100万円~1000万円が保険会社からおりています。あなたが地震保険に入っていればクオカードは必ずもらえるので、この3つすべてをゲットできる可能性があります。

無料調査用の紙の依頼書を無料で即日郵送いたします

なお、この記事に関するご質問や火災保険に関する疑問がございましたら、下の質問フォームからお気軽にお尋ねください。また、火災保険申請サポートでは紙の依頼書をご希望の方は無料で郵送していますので、下のメールフォームに「紙の依頼書郵送希望」とお名前とご住所を明記してお送りくださればすぐに配送いたします。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください