【火災保険 活用法】80%の人がもらっていない火災保険の落とし穴!

【火災保険 活用法】80%の人がもらっていない火災保険の落とし穴!

あなたはご存じでしたか?ここだけの話、火災保険でもらえるはずの保険金をもらっていない人が80%もいるという衝撃のの実態を。その金額は、なんと平均150万円にもなるというのです!

古くなった自宅をリフォームしたいという方は、もちろん今すぐにでも臨時ボーナスやお小遣いが欲しいという方には必見の情報。私が実際に保険金を受け取る事が出来た方法を完全暴露しちゃいます!ちょっと長いですが是非、最後まで読んでいただきご活用下さい。

火災保険の保険金は、火事以外でももらえるって本当?

火災保険という名前ゆえに火事じゃないと保険金がおりないと思っている方が多いのではないでしょうか。そういう私もこの話を知るまではその一人でした(笑)

じつは火災保険は、火事じゃなくても台風や豪雪による被害等も火災保険の保険の対象なんですよ。その補償パターンは下のイラストのように大体12もあります。さらに、火災保険は自動車保険のような等級がないので保険金を請求しても保険料が上がるということはありません。

主婦A子さん
そんなにお得なら、なぜ保険会社は教えてくれないの?

火災保険は経年劣化による被害は適用されませんが風、雪水害、雷、ひょう等によって被害を受けた場合に保険金がおります。

でも、これって保険会社の人たちはあんまり表には言わない事なんです。ですから、この記事を読んで保険会社にこの事を聞いてみてもそんなの出来ませんよと言われるのがオチですからやめましょうね(笑)

何故でしょうか?もしも、そんなことが広く知られてしまったら皆さん当然申請しますよね。そうしたら保険会社としては、保険料を払わないといけない事になりますから、払わないで済むならそれに越したことはない訳ですから。

個人が申請手続きをするには大きな壁があります!

ここまでお読みになって「いい事聞いちゃった、じゃ自分で申請手続きしてみる!」と思われた方。実はそこには大きな壁があります。それは何かといったら・・・・申請しようと思っても専門的な資料を揃えないといけないんです。

例えば、家の瓦が破損しているとして、じゃあこの破損は、この日のこの雨で破損した。このように日にちまで特定して写真とともに証明し、資料に添えて提出する。

さらに、その損害を直すにはどの位の費用が掛かるのかという見積もりも出さなくては保険会社はオーケーを出してくれないんです!

つまり火災保険の知識と建築の知識の両方が必要になるわけですから、そんな事は一般の人は無理ですよね。私なんか、自分の家の屋根にする登ったことすらないですから下手をしたら屋根から転落する危険もあります(笑)

1円も使わずにプロに頼んで手続きできる方法があるのですが

プロ中のプロの診断士があなたの自宅とか工場とか倉庫など、とにかく火災保険に入っていれば直接その建物のある所まで行って無料で診断してくれる。

また、現地まで行く交通費もさらに遠方の場合だったらその診断士の方が宿泊したりする必要が出た場合、その宿泊費さえも診断士の方が持ってくれる。つまり、交通費も宿泊費もそのプロの診断士の方が自腹を切るのであなたは一切お金を払う必要がないとしたら?

えっ、嘘でしょう?と私も最初は思いましたが話を聞いて、速攻で申し込んじゃいました。

そして、今回無事保険会社から保険金がおりたという嬉しい経験を基に私と同じように火災保険に入っていても保険料を払い続けているだけでタンスに眠っている人たちに臨時ボーナスに変わる方法を教えてあげたくなってこのブログを立ち上げました。

ぶっちゃけ、いくら位の保険金がおりるの?

その金額は平均すると、なんと約150万円だそうです!!もちろんこれは平均値ですので一戸建ての場合は10万円とか20万円という方もいますが、70万~100万円みたいな額が多いと聞いてます。

しかしですよ、中には大きな建物もありますよね。例えば、病院だとか工場だとか旅館みたいに大きな建物の場合、何百万、700万800万とか中には何千万円の保険金がおりているケースも実際にあります!

※下の実績の写真をご覧ください。

さらに、保険金の使いみちは自由なんて信じられない!!

でも、あなたが一番気になるのは・・・保険金がおりた場合その診断士の方にどれだけ謝礼を払ったらいいの?という事だと思います。

これは、保険金がおりたら後から払って下さいという完全成果報酬型です!!完全成果報酬型でどれだけなのかって言うとおりた保険金の30%です。おりた保険金の30%を診断士の方に謝礼として支払うので、例えば100万円保険金がおりたら30%の30万円を支払います。

さらに、さらにここからが凄いんですが・・・残りの70万円はどうなるかって?

それは申請したあなたのものですから全額あなたが懐に入れてもいいという事なんです!!

その70万円を使って知っている業者さんに頼んで壊れている箇所を直しても良いでしょう。あるいは、一部だけ直して残りを懐に入れてもいいし、あるいは全く全額を自分の懐に入れてもいいという事なんです!!

イシイミノル
あなたもそのお金で家族の楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

個人の家でも50万とか70万円のまさしく臨時ボーナスが出たならリフォームをしてももちろん良いですが、普段できないような海外旅行や親孝行に使ってはどうでしょうか。私もそうでしたが、きっと一生の思い出になると思います。

なお、個人におりた火災保険の保険金は非課税で確定申告をする必要はありませんから、楽しい旅行に使った翌年に税金でガッポリもっていかれる心配もないので、ご安心下さい。

この申込条件をクリアするだけでオーケー。

①基本的に築5年以上である事(風災害を受けていれば築年数は関係ありません。)※災害はないように見えても築5~10年以上たっている家では高確率で保険金対象の何らかの災害破損箇所が見つかっています。

②戸建てである事(マンション一室不可・賃貸はオーナー様であれば申込可能です)

③風水害特約が付いている火災保険に加入してから3年以上経過している事(共済も可)

④「簡易保険(郵便局またはかんぽ)」にご加入のお客様は対象外となります。

【注意事項】
火災保険申請サポートは非常に人気があるので現地調査までに数週間先の予約になる事がございます。またこのサービスは必ず保険金が受け取りできる事をお約束するサービスではございません。被災内容、お家の形状、加入されている火災保険の内容によって保険金が受給できないこともあります。

支給された保険金の最新報告があったので一部を紹介します

●浦安市の自宅116万円
●東京赤坂テナント66万円
●横浜市分譲マンション75万円
●栃木県自宅70万円
●新潟県自宅190万円
●長野県自宅170万円の保険金がおりたという報告を受けました。※こうしてみると新潟や長野など雪の多い地方は雪が原因の災害が多いので、支給される保険金も多いですね。

【ネットが苦手な人は無料調査の依頼書を郵送いたします】

なお、紙の依頼書をご自宅まで郵送して欲しいという方は、この下のお問合せフォームからお問合せ内容の欄に「依頼書郵送希望」と郵送先のご住所を書いてくだされば、私のほうから無料で郵送いたします↓





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください